デリケートゾーンの脱毛回数はちょっと多いってホント?

脱毛に必要な回数には個人差があり、毛質や肌質によっても違いがあります。
その中でもデリケートゾーンは他の部位に比べ回数が多く必要といわれています。
それはなぜなのでしょう。

まずレーザーで脱毛するには、黒い色素が関係します。
脱毛部位にレーザーを照射します。
レーザーは皮膚を通し、毛の元の黒い色素に反応します。
そして、熱によって毛の元を焼き破壊します。

毛の元は破壊すれば再生することはないので永久脱毛が可能ということです。
毛の元の黒い色素に反応するため、毛が太く濃い方ほどよく反応します。
よく反応するということは、効果的ということですがその分痛みも強く感じます。

デリケートゾーンの毛は、他の部位より太いことが多いと思います。
それだけ考えれば、レーザーがよく反応し、効果的で回数も少なく済みそうです。
ただ、強い痛みを感じ、我慢できないこともあります。

デリケートゾーンは色素沈着していることが多い部位でもあるため、
レーザーが毛の元だけではなくお肌に反応してしまい、強い痛みを感じてしまいます。
特にお肌に反応してしまう場合は、火傷の危険性もあるため注意が必要です。

あまりに痛みが強い場合には、きちんと伝え、照射する出力を弱めてもらいましょう。
出力を弱めることで、痛みも緩和されます。
ただ、出力を弱めると効果が下がり、回数が必要となります。

始めは弱い出力で照射し、痛みを最小限に抑えます。
そして毛が薄くなってきたら、強い出力を照射していきます。
そうすることで、痛みを抑えながら効率の良い脱毛ができます。

毛が多少薄くなるまでは、弱い出力で行うために回数が多く必要となります。
もちろん痛みを感じず我慢できるかたは問題ありません。
ただ、痛みを強く感じることで危険なこともあるので、
安全を第一にして進めていきましょう。
【はま美】横浜で女子力を上げる脱毛サロン特集
冬もイベントは盛りだくさん!それでもあなたは放っておくつもり?そのムダ毛イッキに無くしちゃお!
www.aomori-cons.jp