痛いのが苦手な人も脱毛を諦めない方法

脱毛の痛みに関しては個人差があります。

主流となっているのはレーザーや光脱毛です。
ほとんどの方がこれらの方法を選択すると思います。

元々レーザーの痛みに強い方、弱い方といます。
強い出力で照射しても我慢できる方、かなり弱い出力でも強い痛みを感じる方。
実際には照射してみなくてはわからないことでもあります。

光やレーザーは照射することで、毛の元の黒い色素に反応します。
そして毛の元となる毛乳頭にダメージを与えたり、破壊することで
毛を生えてこないようにさせるのです。

黒い色素に反応するため、毛が濃く太い人にほどよく反応します。
もちろん例外はありますが、良く反応するほど痛みは強く感じます。
特にデリケートゾーンの毛は他の部位に比べ濃い場合が多いので、
痛みを強く感じる可能性があります。

効いているというのは脱毛効果では重要なことですが、
我慢できないほどの痛みを感じた場合にはきちんと伝えましょう。
あまりに強い痛みの場合はお肌にもレーザーが反応している可能性もあり、
火傷などの危険もあります。

痛みが強い場合には、照射する出力を弱めることで痛みも緩和されます。
その分効果は下がりますが、まったく効果がなくなるという訳ではないので
安心してください。
お肌や痛みの状態を見ながら施術を進めていくのが一般的です。

脱毛は一度で綺麗になるのではなく、定期的に通います。
照射する回数を重ねることで毛は徐々に薄くなっていきます。
毛が薄くなっていくということは、反応する毛も減ってくるため
自然と痛みも弱まります。
薄くなってきたときに照射する出力を上げることで、
効率よく脱毛を進めていくことができます。

自分は痛みを感じやすいのか想像することはできますが、
実際には照射してみなくてはわかりません。
コース契約などする場合には必ず事前に体験を受けてください。
実際の施術を受けてみて判断するのが安心です。
脱毛サロン選びの決定版!銀座で口コミ評価の高い脱毛サロン
気になるムダ毛は、肌の露出が少ない今の時期に徹底根こそぎ脱毛!夏に差がつく冬の本気脱毛。おすすめ特集です。
xn--xxtu70afuqp0p.com