自分にあった脱毛方法の選びかた

デリケートゾーンの脱毛方法にはいくつか種類があります。

まずは自宅でもできる方法です。
簡単なのは毛抜きや脱毛器を使用する方法です。
これらは毛を引き抜くことで脱毛させるものです。

デリケートゾーンは皮膚が薄く、毛が太い部分でもあるので
引き抜くと強い痛みを感じます。
抜いたあとはポツポツと赤く炎症を起こしてしまいます。
雑菌が入り込まないためにも、脱毛後は清潔に保ちケアをしましょう。

あとは脱毛剤やワックスを使用した方法です。
ブラジリアンワックスはデリケートゾーン専用のワックスです。
脱毛したい部位に塗り、しばらく待ちます。
そうするとワックスが固まり、毛を抜くことができます。

脱毛剤は毛を溶かす薬品です。
使用する場合には必ずデリケートゾーン専用のものを使ってください。
そうでないと刺激が強すぎて炎症を引き起こしてしまう可能性が高まります。

これらは費用もそんなにかからず自宅で手軽にできます。
しかし、効果は一時的なものでまたすぐに生えてきてしまいます。
特に生え始めはチクチクとし痒くなります。
常に綺麗な状来にしたいのであれば、頻繁に処理する必要がありますが、
お肌に大きな負担がかかります。

一時的な効果であれば、自己処理で充分ですが、
常に毛のない綺麗な状態でありたいのなら、エステや医療機関での脱毛が必要です。

エステや医療機関での脱毛は、抜いたりするのではなく、
毛の元の組織にダメージを与え生えてこないようにさせるので、
自己処理とは原理が異なります。

脱毛したい部位にレーザーを照射します。
レーザーは毛の元の黒い色素に反応し、毛の元を破壊することで
毛を生えてこないようにさせるのです。

ただ、エステでの施術は、照射することのできる出力に限界があるため
毛の元を破壊することができません。
よって永久脱毛ではありません。

永久脱毛を求めるのであれば、医療機関での脱毛をお薦めします。
効果には個人差があり、価格も施設ごとに異なるので
実際に問い合わせてみるのが良いと思います。
体験などにも足を運び、比較するのがお薦めです。

ご自身の求めている効果で方法を選ぶことができます。