脱毛、失敗しないために知っておくべき事

デリケートゾーンの脱毛は他の部位に比べ断念してしまう方や、
効果を十分に得ることができない場合があるってご存知でしたか?
それはなぜでしょう。

多くの方が、デリケートゾーンの脱毛はエステや医療機関で行います。
エステと医療機関では使用する機器が異なるため効果に違いが出ますが、
脱毛の原理は同じです。

その方法とは、まず脱毛したい範囲に光やレーザーを照射します。
光やレーザーは毛の元の黒い色素に反応し、熱で毛の元にダメージを与えたり、
破壊することで脱毛させます。
一度で綺麗になるのではなく、毛の周期に合わせて定期的に通います。
回数を重ねることで毛は薄くなっていきます。

光やレーザーは毛の元の黒い色素に反応するので、
太く濃い毛の方が良く反応し、効果的です。
個人差はありますが、デリケートゾーンの毛は他の部位に比べ、
太く濃い場合が多いと思います。
そのため効果が出やすい部位のはずなのです。

しかし皮膚が弱く、色素沈着していることが多い部位でもあります。
色素沈着や日焼けによりお肌が黒い場合には、光やレーザーがお肌に反応し、
痛みを強く感じる場合があります。

そのため、デリケートゾーンの痛みは他の部位よりも痛みが強く、
我慢できないという方も少なくありません。
脱毛するのにはある程度の痛みには耐えなくてはなりませんが、
我慢できないほどでしたら無理せず伝えてください。

痛みが強すぎる場合は、火傷などの危険性があります。
毛質や肌質、脱毛の効果には個人差があるため、
それぞれに合った方法で進めていく必要があります。

無理をして取り返しのつかないことになってしまっては大変です。
痛みを最小限に抑えるためにも、最初は弱い出力で照射し、
毛が少なくなってきてから強い出力で照射することで、効率よく進められます。
しかし回数は多く必要となります。

デリケートゾーンの脱毛は痛みが強いこと、そして回数が多く必要なことから
通いきれず、結果満足のく効果を得ることができなかったということもあるようです。

まずはデリケートゾーンの脱毛に関して知識をしっかりと持っておくこと。
そして、それぞれに合った適切な施術をしてくれる医療機関を探すことが重要です。